衣紋道髙倉流たかくら会 群馬道場

 

 

皇室の伝統「衣紋」の継承、有職故実

 

 日本の宮廷服は701年の大宝律令に制定され、平安時代になると男子の朝服は束帯、女子の朝服は十二単にそれぞれ発展してまいりました。

 皇室の衣紋は、鎌倉時代に高倉家有仁公が受け継ぎ、数多くの資料と共に今日まで守り伝えています。

 

 群馬の地で、十二単や様々な宮廷装束を通し、雅な世界に触れてみませんか。

ご興味のある方、ぜひ群馬道場に一度見学にお越しください。

 

 

群馬道場

会頭 辻 延子

 

 

 

衣紋道髙倉流 有職文化研究所